カップル

自律神経失調症の治療を詳しく把握しておこう

現代人に多い目のトラブル

背広の女性

パソコンやスマートフォンなどの酷使は、目の健康を阻害し、眼精疲労と呼ばれる症状の原因となってしまうことがあります。眼精疲労は、アントシアニンやルテインといった成分のサプリメントを摂取することによって改善させることが出来ます。

Read More..

RECOMMEND

  • 自律神経失調症の治し方のすべて

    自律神経失調症の治療方法がサイトには記載されているのでリサーチ内容を確認したい人はここを見てみるといいでしょう。

お酒が好きな方へ

夫婦

多量の飲酒や、仕事でストレスをかけていると肝臓にダメージを与えます。肝臓は重要な臓器ですが異常が見つかった時には手遅れになります。そこで、日ごろからオルニチンを摂取することで肝機能をサポートすることが重要です。食事からオルニチンを摂ると食べる量が多量になるので、健康食品で摂取するのが得策です。

Read More..

毎日の健康維持のために

ウーマン

フコイダンは免疫機能の向上やピロリ菌の除菌、肝機能の改善効果などが期待でき、健康食品として販売されています。特に、ナチュラルキラー細胞の活性化作用が注目を集めており、癌の発生を抑制するのに役立ってくれます。

Read More..

お茶の成分でリラックス

レディ

質の良い睡眠に導く

不眠は自律神経失調症の典型的な症状のひとつです。質の良い睡眠を取れないと、イライラや不安感が募り、さらに自律神経失調症を悪化させるという悪循環に陥ります。ぐっすりと眠ることは自律神経失調症の治療に欠かせません。しかし睡眠薬や睡眠導入剤は、依存性があって怖いという方も多いでしょう。テアニンの配合されたサプリメントは、自然で快適な眠りに導く効果があるとされています。テアニンは緑茶に含まれる旨味成分の一種で、天然の物質なので副作用の心配がありません。しかし寝る前に大量のお茶を飲むと、水分やカフェインの作用で逆に眠りが浅くなります。サプリメントの形にすれば、テアニンだけを効果的に摂取できるため人気があります。

神経をリラックスさせる

睡眠時には交感神経の働きが抑えられ、副交感神経が主に活動します。自律神経失調症を治療するには、副交感神経を活性化することが大切です。テアニンにはセロトニンやドーパミンといった脳内物質を増加させ、神経をリラックスさせて、副交感神経の働きを強める作用があります。脳や神経がリラックスすれば寝つきやすくなり、夜中に目が覚めることも少なくなるため、自律神経失調症の治療に効果が期待できます。テアニンは睡眠薬とは異なり、起きているときに眠気を催すことはありません。ですから自動車や工作機械の運転には影響せず、むしろリラックスして取り組めるので安全性が高まると考えられます。なおテアニンは治療薬ではないので、ある程度続けて飲むことが大切です。